脳トレ日記

  ~ 百尺竿頭進一歩 ~

常用漢字の読み

漢検の難易度にひるんだけれど、
諦めたら、漢検協会さまに負けてしまう(笑)

「滝滝をロウロウと読む」は
冷静に考えたら、答えられるかも。
滝の元の字は瀧。瀧の音読みを知らなくても、
朦朧(モウロウ)、壟断(ロウダン)を思い出せたら。

当て字の読みは、運次第? 
「羊乳 →ツルニンジン」のような難問は無理でも、
受け続ければ、そのうち・・・?

f:id:mari4ten:20180223211655j:plain

漢検 漢字必携」を開いて、
常用漢字の表外読みに目を通しました。

芋 →ウ、飲 →オン、火 →コ、咲 →ショウなど。
見慣れた漢字に、意外な読み方があるのね。

訓読みも「こう読むの!?」目からウロコです。
一部を紹介します。

署 → やくわり、賊 → わるもの、率 → わりあい
地 → ところ、 町 → あぜみち、丁 → わかもの
唐 → もろこし、付 → わりふ、 風 → ならわし
郵 → しゅくば、酪 → ちちしる、里 → みちのり

他にも、艇 →こぶね、舶 →おおぶね

漢字の世界は深い。

図書館で、本を5冊借りました。
今から読書タイムです。漢字の勉強はお預け。