脳トレ日記

  ~ 百尺竿頭進一歩 ~

20161031(記憶2)

記憶の宮殿 とは、かいつまんで書くと、

空間記憶を利用して、脈絡なく並んでいる情報を組み立てて格納。

覚えたいことを、例えば、自分の家の中に登場させて記憶する方法。

 

へぇ、そうだったの。記憶の宮殿という言葉は何度か耳にしていて

ホテルのような広い建物で、通路を挟んで、いくつもの部屋があり、

1号室にはアレ、2号室にはソレを格納、なんて認識だったのだけど。

 

買物に行くときにリストを作らなくても、頭の中のイメージで

買うべきものをマンションの入り口から順に置いていく。

 

トイレットペーパーをドアの前に置き「なんでこんなところに?」

次に、オートロックのボタンを押そうとしたら醤油がついてる。

エレベーターに乗り込むといきなり上からビールが降ってきた。

などというストーリーを頭の中で作り、実際に買い物に行ったら

家の入り口から順番に思い出して、順路を辿っていく。

 

頭の体操になりそう。早速、実践しなきゃ。

まずは、5~6コの買物リストを、メモしないで、頭に格納してみましょ。

f:id:mari4ten:20161030165605j:plain

買い物に出なくても、脳内で行ったつもりで「アレとコレを買って」

なんて繰り返してたら「買ったはずなのに無い!!」となりかねない。

夢とウツツ、現実と仮想現実を、きちんと線引きしとかなくちゃね。